BlueBloodショップ発信マガジン『熟睡ラボ』

夏の蓄積疲労をリセット

テーブルの上にある本とコーヒーと紅葉

秋から冬は睡眠時間を少し長めに

夏が過ぎて朝晩だいぶ涼しくなり、秋の気配を感じる日も増えてきましたね。夏に比べて冬の平均睡眠時間は約30分ほど長くなると言われています。

冬眠する動物は秋から冬にかけて徐々に眠る時間が長くなり、活動量も減少していきます。こうした本能的な体のリズムが人間にも生まれつき備わっているために睡眠時間は季節によって変化するのです。

過ごしやすい秋の夜長はついつい夜更かししがちですが、自然のリズムに従って夏より少し長めに睡眠時間を取るように心がけてみましょう。

夏の疲れをスッキリ解消

熟睡感を得られる質の良い睡眠は疲れた体を癒す一番の特効薬です。睡眠中に分泌される成長ホルモンはダメージを受けた細胞の修復や再生を促進して体の疲れを回復させるのにも役立っています。成長ホルモンが多く分泌されるのはその日最初に訪れる深い眠り(ノンレム睡眠)のときとされています。

夏の暑い時期は寝苦しさでなかなか寝付けずに眠りが浅く、疲れが抜けないまま朝を迎えることも多かったのでは?その分、秋の涼しい時期にしっかり睡眠を取って蓄積疲労を癒すことが重要です。

自分の適切な睡眠時間を知ろう

疲労を解消するために、と休日に寝だめをするのはお勧めできません。体内時計が乱れて余計に疲れが取れなくなってしまいます。目安としては一般的に成人で6~7時間台、日中に強い睡魔に悩まされないことが一つの目安となります。

一週間同じ睡眠時間を取って、その週の週末にいつもより2時間以上眠ってしまう場合は慢性の睡眠不足の可能性があります。

快適な睡眠環境をサポートする

過ごしやすい時期とは言っても、日によって残暑が厳しいときもあれば、冷え込む夜もあります。この時期は外出するときに羽織りなどで調整するのと同じように、就寝時も調整できる寝具があると安心ですね。タオルケットや毛布、布団などで暑いときはすぐに外せて、寒いときはすぐ羽織れる寝具を準備しておくといいでしょう。

夏の蓄積疲労を解消して、食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋を十分に満喫しましょう。